ハント入る直前に気が付いてよかったわい。
時間がないので
2:そのシナリオで最初に対象者が何らかの一般行為を行う時+その瞬間に対象者の行う判定値に+20する。を担当させてもらうぞい。

自己紹介

設定1
15の時から『戦場で歌う獣』という傭兵団に所属。五十年――半世紀の間戦場に身を置き続けてきた老練な傭兵。おおよそ十年前に引退をし、親友の家族や元部下や弟子などの訪問を楽しみに余生を過ごしていた。
設定2
超パワーファイター『その剣は鉄骨を叩き折り、その拳は巨岩を砕く』と言われたらしいが、目撃者もはや全て墓の下。自身の筋力に自信があり、若かりし時にパウリという豪腕のドワーフと殴り合いを演じた事がある。
設定3
復帰の理由は、親友のひ孫で自身も本当の孫と思っている孫娘達が、無茶をしすぎるので見守れるようにと。 バリトンの名は『戦場で歌う獣』は音楽系の愛称が慣わしでそこから。酒場で騒ぐレベルだが楽器演奏と歌が得意
設定4
本名は「Bernhard」。育った孤児院が襲われた時、孤児達を護る姿を救出に来た領主が目撃、それを称えられ、青の世界の古き言葉「bero」(熊)と「hart」(強い、大胆な、勇敢な)からその名を授かる
覚醒
長き戦歴の中で、覚醒という行為は自然なこととなり、特別な変化はない。 憤りが強い場合のみ、自信の体格を上回る巨大な灰色の熊と狼が一瞬顕現。 二匹の獣は、かつての強敵でもあり、思い描く強さの象徴でもある。
経緯
戦うことが目的で、ハンターになったのは手段のひとつにすぎない。
 
 

ペット

騎乗

同行


 
 

ユニット

交友


  • 孫娘


  • 孫娘


  • 孫の様な


  • 懐かしい?


  • 見届けたい

 
 

ユニオン/ギルド

アクティブユニオン/ギルド

アム・シェリタ―揺籃館―

最終発言:2018/07/19 00:21:28
鍛練場付きの小屋 最終発言:2019/04/22 16:55:54
 
 
「まったく老いとは・・・・・・鍛えなおさんと行かんな。」
種族 人間(クリムゾンウェスト)
クラス 舞刀士(ソードダンサー) LV62
サブクラス 闘狩人(エンフォーサー) LV12
EXP 349729
アクティビティ 625589
性別 男性 外見年齢 81 誕生日 7/20
外見 211cm 110kg(筋肉質)  瞳:灰 髪:白 肌:赤褐色
性格
攻撃 □□□□ 防御
理性□□□ 感情
狡猾 □□□□ 純真
自主 □□□□ 協調
冒険 □□□□ 恋愛
口調 普段は:豪快
わし、おぬし、じゃ、のう、じゃろう、じゃろうか?
戦闘中は:豪快
わし、貴様、だ、だろう、だな、か?
 
 

ステータス

基礎能力 副能力
筋力 64
命中 208 回避 86
瞬発 56 威力 711 受け 148
器用 65
命中 116 抵抗 269
耐久 51 威力 71 生命力
知識 55
命中 154 403/403
直感 57 威力 163 装備力
精神 60 移動力 9 143/143
 
 

部位命中表

  防御点
命中部位別装備詳細
頭部 299 装備しているアイテムが表示されます
腕部 266
胴部 313
脚部 253
足部 252
急所 13
受け防御 主:158 / 副:158 / 両手:292 命中部位について
 
 

スキル

アクティブスキル

一之太刀 Lv19 ×10
次元斬 Lv25 ×10
ガウスジェイル Lv14 ×10
ガウスジェイル Lv9 ×7
終之太刀 Lv24 ×7

一般スキル

鋭敏視覚(5%)
平常心(5%)
武術知識(5%)
 
 

装備品