ワールドガイド|WT10 ファナティックブラッド

  • キャラクター登録
  • WTRPGとは
  • シナリオライター募集
  • クリエイター募集

ワールドガイド

  1. トップ
  2. ワールドガイド
  3. 幻獣

幻獣

幻獣とは

クリムゾンウェストには、地球で存在し得ない生物も存在する。
半身半馬のケンタウロスや牛頭の怪物であるミノタウロス、船乗りを歌声で魅了するセイレーン等の存在が確認されている。
地球では空想上の動物とされている生物を『幻獣』と呼称して他の動植物と差別化を図っているが、このクリムゾンウェストでは幻獣も動植物の一種として扱われている。地球で伝わる神話のように、人間に敵対的に行動している訳ではない。
一般的な動植物と比較して幻獣の個体数は圧倒的に少数であり、特殊な事例を覗いてクリムゾンウェストの人間が遭遇する事は希だ。この為、攻撃を受ける事は多くない。
それでも人間が幻獣を怒らせて襲撃される事件は幾つか報告事例がある。ハンターならば幻獣と遭遇する機会があるかもしれない。


幻獣のなりたち
クリムゾンウェスト内に、リアルブルーでは存在しない動植物が存在するのは、マテリアルによる影響が大きい。
進化の過程のいずれかの段階で、自分自身、或いは精霊、英霊、祖霊、人間などから強いマテリアルの影響を得けたことで、通常の動物が変異した存在が幻獣である。
これは、霊闘士が祖霊を宿して自らを変質させる行為が、より恒久的になったようなものとされている。
幻獣の多くは進化の過程で、マテリアルを介した知的存在とのリンクを経験しているため、動物とは言え高い知性(類人猿や象並か、それ以上)を持つことも多い。
また、相手を見極める独自の価値観をもった種も多く、幻獣の協力を取り付けるにはその種族に応じたコミュニケーションを以って信頼関係を築かねばならない。


幻獣の好む環境
西方世界で幻獣は辺境に多く生息している。これは自然の豊富な辺境の地が比較的正マテリアルが安定して存在しているからに他ならない。
幻獣は自らの発育や生存に際し、通常の動物よりも多量のマテリアルを必要とする。また、成長に伴い、人間の覚醒者の様にマテリアルを多量に発生・操作する能力も身につける。よって、少なくとも繁殖の環境には多分に正のマテリアルが存在している必要がある。
事実、マテリアル公害が発生し得る西方世界の都市部で強力な幻獣が目撃されたケースは少ない。一部帝国軍がグリフォンを数体使役しているが、極めて稀なケースであると言えるだろう。

大幻獣
幻獣は人間よりマテリアルの影響に鋭敏であるが、十分なマテリアルを摂取した場合は概して通常の動物より寿命が長い場合が多い。
その中には、マテリアルの恩恵を最大限に享受して数百年以上もの時を生きる個体が現れる事がある。
そういった個体は長い時の中で、体が巨大化し、人間以上の知性を得て、時には特殊な力さえ身につける。
その結果、周囲の獣達や自然そのものを従えた幻獣は、自然の中に自らの領域を作り「ヌシ」としてマテリアルを正常な状態に保つよう務めるようになる。 このように幻獣の中でもさらに多くのマテリアルを保有する強大な幻獣の個体は、人間からは「大幻獣」と呼ばれ、畏敬の念を払われていた。
しかし歪虚との戦いの歴史の中で、かつて知られていた全ての大幻獣は、死ぬか、所在がわからなくなってしまった。

トップへ

幻獣と歪虚

歪虚にとって幻獣は優先的な攻撃目標となり得る。
これは幻獣の持つ豊富なマテリアルが歪虚にとって標的となり得るからである。
この為、西方世界各地に住んでいた幻獣は激減し、特に歪虚の侵攻が酷い地域では絶滅したと言われている。
近年では幻獣も歪虚から逃れるように姿を消している為、人前に現れるのは稀となっているようだ。

トップへ

幻獣との共闘

幻獣に騎乗
幻獣の信頼を得ることができれば、騎乗する形で共に戦うことができる。
幻獣は『主との絆』が大切だと言われる通り、この戦い方の利点は幻獣と人間が連携して戦う事だ。
幻獣が大地を蹴って一気に敵との間合いを詰め、ハンターが手にした槍で薙ぎ払う。 場合によっては幻獣が敵に噛みつき、その間に人間がトドメを刺すという事も可能となる。
クリムゾンウェストではかつて、幻獣が戦士を背に乗せて戦う事があったという。 幻獣に選ばれた戦士は誉れとして称され、その強さは特筆すべきものがあったと伝えられている。
しかし、幻獣に認められる事は容易ではない。 幻獣が課す『試練』と呼ばれる儀式をクリアする必要がある。
これは幻獣が主となる人間の身体能力や力量を見定めると同時に、これから自分を託すに値する器であるかを見定める為と言われており、この試練をクリアする事で、幻獣は人間を認めて共に戦う事を誓うという。
しかし試練の内容は大幻獣になれば相当過酷な物になると伝えられており、クリアした者は数える程しかいない。

前へ戻る トップへ