このキャラクターはシナリオ「【星罰】表、或いは裏」にて、超覚醒により、重い傷を負いました。回復にはあと16時間13分が必要です。

最後のプレイングが旅立っていった。ここから先は、どうしようもなく白紙だ。

自己紹介

設定1
18歳で家督を継承。ツィスカ(ka5835)を伴侶に迎え、ブラオラント侯爵家当主の座に就く。相続後最初に手掛けたのは、民間高等教育機関の設立とヒト・亜人・歪虚合同戦没者慰霊施設の整備であったという。
設定2
戦後はハンター活動の一線を退き、実業家として帝都復興と開拓事業に尽力。庶民議会や錬魔院等を通じてインフラ整備と廉価な魔導電気自動車の開発普及を推進し、レクエスタの活動を物資・金銭の両面で支援し続けた。
設定3
とは言え、現場主義・武門出身の彼が書類仕事ばかりの生活に耐えられる筈もなく、何かと理由を付けたり付けなかったりしては開拓の最前線にも頻繁に出没した。曰く「敬愛なる『師』のやり方に倣った」のだという。
設定4
無論、その振舞いに星の裁定者たる「守護者」として人類の営みを見届ける意味合いがあったことは想像に難くない。祈りの剣も星の権能も固く封じたまま、その眼は最後まで星を継ぐもの達の行く末を見つめ続けていた。
覚醒
戦後の彼が覚醒を使用した場面についてはあまり史料が多くない。一説によれば、覚醒と同時に周囲の空気が揺らめきながら暖かい光に包まれ、まるで朝日に照らされた川面の霧のようだったとも言われている。
経緯
戦うことが目的で、ハンターになったのは手段のひとつにすぎない。
 
 

ペット

騎乗

同行


 
 

ユニット

 
 

交友


  • 私の


  • 大切な


  • 戦友


  • さようなら


  • またいつか

 
 

ユニオン/ギルド

アクティブユニオン/ギルド

APV

最終発言:2019/11/15 13:27:52
グロウナイト 最終発言:2019/08/07 06:30:56
ノブレス・オブリージュ 最終発言:2017/03/05 22:11:00
歴史喫茶店 最終発言:2014/10/13 16:00:35
 
 
「光がなければ人は生きていけない。だから祈り、呪わずにいられない。けれど思う、祈る人もまた光なのだと。」
種族 人間(クリムゾンウェスト)
クラス 闘狩人(エンフォーサー) LV69
サブクラス 守護者(ガーディアン) LV20
EXP 491344
アクティビティ 744327
性別 男性 外見年齢 17 誕生日 7/16
外見 161cm 49kg(細身)  瞳:青 髪:金 肌:
性格
攻撃 □□□□ 防御
理性 □□□□ 感情
狡猾□□□ 純真
自主 □□□□ 協調
冒険 □□□□ 恋愛
口調 普段は:尊大で偉そう
私、貴公、だ、である、であろう、か?
一人の時は:子供っぽい
ボク、名前で呼び捨て、だね、だよ、だよね、なのかな?
 
 

ステータス

基礎能力 副能力
筋力 11
命中 65 回避 26
瞬発 12 威力 148 受け 36
器用 13
命中 45 抵抗 31
耐久 11 威力 40 生命力
知識 11
命中 50 103/103
直感 13 威力 82 装備力
精神 12 移動力 2 208/208
 
 

部位命中表

  防御点
命中部位別装備詳細
頭部 296 装備しているアイテムが表示されます
腕部 278
胴部 370
脚部 273
足部 268
急所 46
受け防御 主:227 / 副:355 / 両手:169 命中部位について
 
 

スキル

アクティブスキル

北方の護り Lv15 ×4
万夫不当の孤城 Lv20 ×7
斬霊剣「剣豪殺し」 Lv25 ×6
超覚醒「天誓告地・人理継星」 Lv0 ×1
極剣「旭光一閃」 Lv0 ×2

一般スキル

信仰心(5%)
礼儀作法(5%)
帝国知識(5%)
 
 

装備品