戦闘ルール|WT10 ファナティックブラッド

ルール

  1. トップ
  2. ルール
  3. 戦闘ルール

攻撃関係判定手順

通常攻撃

説明画像


1.攻撃判定
  D100で命中値以下を目標に判定を行います。
 命中以下が出れば攻撃は成功です。
 なお、00を含め、命中以下でゾロ目の場合は
 クリティカルとなり絶対命中となります。
 反対に99を含め、命中より上でゾロ目の場合には
 ファンブルとなり、なにかしらのトラブルが
 発生する可能性があります。

 ※クリティカルの効果は「絶対命中」です。
 絶対命中とは守備側が「回避判定」「受け判定」を
 行うことができないことを意味します。
 つまり、クリティカルが発生したならば、
 「防御判定」と「ダメージ反映」の処理を
 即座に行うことになります。

 ※射撃武器には、距離のペナルティが発生します。
  目標までのスクエア数、目標値の低下が
  生じますのでご注意ください。
  なお、離れた場所に届く格闘武器(槍など)に
  関しては、距離のペナルティは発生しません。

2.回避判定
 攻撃側の攻撃が成功で、かつダイス目がクリティカルではなかった場合、防御側は回避値以下を目標に判定を行い、
回避値以下が出れば回避判定成功です。
 失敗した場合には、受け判定に成功しているかを確認します。

3.受け判定
 回避判定の結果が受け値(副能力値:回避+受け)以下であった場合には受けが成功したこととなり、ダメージ反映の際、
受け防御点分のダメージを減ずることができます。

4.防御判定
 攻撃側の攻撃が成功し、かつ防御側の回避が失敗した時、あるいは絶対命中が発生した時、攻撃側の判定のダイスの1の位の数字と、彼我のサイズ差、その後にスキルの修正を加え、命中部位表を参照して攻撃の命中した部位を決定します。防御判定時に命中部位に関して修正効果が入るのは1~9の範囲のみです。修正によって1以下、あるいは9以上になった場合はそれぞれ1、9として扱います。急所(0)に関してのみ異なる扱いとなり、1の位が0の場合にのみ命中する部位となります。

命中部位表
命中部位値二足歩行生物
(人間、ゴブリン等)
四足歩行生物
(狼、ドラゴン等)
無足生物
(蛇等)
不定形生物
(スライム等)
胴部
背部
胴部
急所急所急所急所
※ 羽が生えている場合、足が多い場合など状況に応じ判断します。

サイズ補正
 近接戦闘と、隣接スクエアまでの射撃戦闘においては、敵とサイズ差が1あるごとに、命中部位は+3されます(相手が自分よりも小さい場合は-3されます)。
 サイズは1~2m(誤差数センチを含む)のPCはサイズ1、それを基準に1m以下がサイズ0、2~4mがサイズ2、
4~8mがサイズ3、8~16mがサイズ4…と身長(全長)が2倍するごとにサイズは1増大します。
 ただし、2スクエア以上離れた対象に向けた射撃戦闘においてはサイズ補正は関わりません。

5.ダメージ反映
 攻撃側の威力から、防御側は「命中箇所の防御点」「受け防御点」等を差し引き、
 最終的なダメージを決定します。
 防御側は生命力から最終ダメージ分の値をマイナスしなくてはなりません。

  攻撃側の威力 -(命中箇所の防御点+受け防御点分)=最終ダメージ

※ 素手での攻撃
 武器を装備していない状態で攻撃する際は、射程0、攻撃回数1として判定いたします。

※ 複数回攻撃
 一部のモンスターや一部の武器において攻撃回数が設定されている場合、1度のメインアクションで攻撃を複数回行う事が出来ます。
 この場合、目標数を増やす事はできず、同一の対象を複数回、攻撃することになります。

・複数回攻撃の命中判定
 複数回攻撃の場合、最終的な命中値(それまでに使用したスキル、状況による補正などの効果を受けた数値)を攻撃回数で割った値を目標値として、命中判定を行います。

・複数回攻撃の回避判定/受け判定
 目標とされたキャラクターは、最終的な回避値を攻撃された回数で割り、判定を行います。
 またこの際、受け値は割らずに、割った後の新たな回避に追加したものが受け判定の値となります。

・複数回攻撃が命中した場合のダメージ
 複数回攻撃が命中した場合、命中部位やダメージの計算は、それぞれの攻撃ごとに、別個に行います。

・メインアクションスキルと複数回攻撃
 複数回攻撃を行う際、それぞれの攻撃において、メインアクションスキルを使用することは原則、行えません。

・各種スキルによる修正
 ファーストアクションスキル、サブアクションスキル、支援スキルによる攻撃側命中、防御側回避への修正は、複数回攻撃の計算として割り算を行う前に加算します。
 リアクションスキルで命中/回避が変化する場合は、回数で割り算をした後の、命中/回避に修正を行います。
 なおリアクションスキルの効果は、そのリアクションを差し込んだ一度の判定のみに適用されます。3回の複数回攻撃を受けた場合に、回避を+20するリアクションスキルを使用した場合は、どれか1回の攻撃にのみ、使うことができます。
(すべての攻撃に対して、回避が上昇するわけではありません)

・スキルで複数回の攻撃を行う場合
 一度のアクションで複数回の判定が生じるスキルでは、その複数回の判定に対して、命中値の変化はありません。
 範囲攻撃や連続攻撃で対象を選んだ結果、同一目標に対して複数回攻撃が発生した場合のみ、目標となったキャラクターの回避の目標値は、同時に受けた攻撃の回数に応じて割り算します。

例:魔法命中60のキャラクターが「魔法の矢を任意目標に6本放つスキル」を使用し、A(回避60)B(回避40)C(回避50)にそれぞれ3本、2本、1本を放った場合
攻撃側:魔法命中60で6回の攻撃判定を行います。
防御側:Aは3回攻撃を受けているので「60÷3=20」となり、回避の目標値は20。
    Bは2回攻撃を受けているので「40÷2=20」となり、回避の目標値は20。
    Cは1回攻撃を受けているので「50÷1=50」となり、回避の目標値は50。


前へ戻る トップへ 次へ進む